翻訳家によるコラム「契約書・政治経済・アート・スポーツコラム」



契約書・政治経済・アート・スポーツコラム

契約書・政治経済・アート・スポーツコラム一覧へ戻る

2016/08/12
契約書を作成するときは、不可抗力の条項を忘れずに

こんにちは。高橋翻訳事務所(http://goo.gl/25cZv)契約書・法律文書翻訳担当の佐々木と申します。今回は不可抗力(force majeure)について取り上げていきます。

契約書で頻繁に目にする「不可抗力」という言葉ですが、英語訳のforce majeureはフランス語由来で、元々は「圧倒的な力」、「抗えない大きな力」という意味を持っていました。
また、不可抗力の英語訳として類似したものには、「act of God(神の行為)」という言葉もあります。この二つの違いですが、act of Godは地震や津波、台風などの自然災害に限られるのに対して、force majeureは自然災害以外にも戦争やストライキなど、人間が引き起こすものが含まれている点です。
このforce majeureという概念は1804年に発効されたフランス民法典(Code Civil)に規定されていますが、ローマ法の時代にもすでに不可抗力を意味する「vis major」という言葉があったことからも、非常に古くから存在していることが分かります。

契約書では、force majeure以外にも外国語から入ってきた単語を目にすることがしばしばあります。
例えば、「bona fide」はラテン語で、「誠実」や「善意」を意味し、英語では「good faith」が該当します。
同じくラテン語では、「逆もまた同様」を意味する「vice versa」や「?の代わりに」の「in lieu of」などがあり、in lieu ofは「instead of」や「in place of」と同義となっています。
余談ですが、force majeure以外にも、英語にはフランス語から影響を受けた単語が数多く存在しており、例えば、court(法廷)、liberty(自由)、ocean(海)などがあります。
英語にフランス語が含まれるようになったのは、1066年にノルマンディー公国のギョーム二世がイングランドを征服し、国王に即位したことがきっかけでした。
ノルマン王朝(Norman dynasty)の成立後はフランス語がイングランドの公用語となり、主に上級階級、支配階級がフランス語を、庶民は英語を話すという状態が長い間続きました。
このノルマン王朝の時代にフランス語の単語が英語に流入した結果、endとfinish、buyとpurchaseなど非常に多くの同義語や類義語が誕生したのです。
また、英語にはその他にもオランダ語やドイツ語から影響を受けた言葉もたくさんあります。

契約書の世界では、予測される不可抗力は契約書内にすべて記載しておく必要があります。
例えば、日本国内では内戦が起きないだろうと考えるのではなく、起こりうる可能性がある事例については必ず含めなければなりません。そのため、すべてを推測して列挙することが難しい場合は、「including, but not limited to?(?を含むがこれらに限定はされない)」などといった表現を使うのも一つの手です。契約書に主に記載される不可抗力は下記のとおりとなっています。

  • ・act of foreign enemies(外国からの侵略)
  • ・act of God(神の行為=天災、天変地異)
  • ・assault(強迫)
  • ・blockades(封鎖)
  • ・civil war(内戦、内乱)
  • ・earthquake(地震)
  • ・epidemics(伝染病)
  • ・explosion(爆発)
  • ・fire(火災)
  • ・flood(洪水)
  • ・general shortage of materials(原材料の総体的不足)
  • ・governmental regulations(政令)
  • ・invasion(侵略行為)
  • ・legal restrictions(法的規制)
  • ・lightning and thunder(落雷)
  • ・lockouts(工場閉鎖)
  • ・natural disaster(天災)
  • ・overflowing of water(浸水)
  • ・perils of the seas(海難事故)
  • ・rebellion(反乱、暴動)
  • ・riots(暴動)
  • ・storm(嵐)
  • ・strikes(ストライキ)
  • ・war(戦争)

ここで、実際の契約書での例を見ていきましょう。以下の例文は、弊社が会員となっている日本商事仲裁協会(Japan Commercial Arbitration Association)の雛形を基に、読みやすく調整したものです。

(Force Majeure)
In the event that either party shall be delayed in or prevented from performing any act required under this Agreement by reason of governmental allocations, priorities, restrictions or regulations now or hereafter in effect, flood, fire, earthquake or other Acts of God, war, riot, insurrection or other civil disturbance, strikes, lockouts, shortages of raw materials or production facilities, transportation shortages or any other contingencies beyond such party’s reasonable control, such party shall not be liable to the other party for damages incurred as a result of any such delay or prevention.

(不可抗力)
いずれかの当事者が現在または今後有効となる政府の配分、優先、規制もしくは規則、洪水、火災、地震もしくはその他の天災、戦争、騒乱、暴動、その他の市民騒動、ストライキ、ロックアウト、原料もしくは製造施設の不足、交通手段の不足またはかかる当事者の合理的な支配を超えるその他の偶発事象により本契約に基づく行為の履行が遅れたり、これが不可能となったりした場合、かかる当事者は相手方当事者に対してかかる遅れもしくは妨害の結果として相手方当事者に生じた損害を賠償する義務を負わない。

(Force Majeure)
In the event that either Party shall be delayed in or prevented from performing any act required under this Agreement by reason of governmental allocations, priorities, restrictions or regulations now or hereafter in effect, flood, fire, earthquake or other Acts of God, war, riot, insurrection or other civil disturbance, strikes, lockouts, transportation shortages or any other contingencies beyond such Party’s reasonable control, such Party shall not be 1iable to the other Party for damages incurred as a result of any such delay or prevention

(不可抗力)
いずれかの当事者が現在または今後有効となる政府の配分、優先、規制もしくは規則、洪水、火災、地震もしくはその他の天災、戦争、騒乱、暴動、その他の市民騒動、ストライキ、ロックアウト、交通手段の麻痺または当事者の合理的な支配を超えるその他の偶発事象により本契約に基づく行為の履行が遅れたり、これが不可能となったりした場合、かかる当事者は相手方当事者に対してかかる遅れもしくは妨害の結果として相手方当事者に生じた損害を賠償する義務を負わない。

Article 19. Force Majeure
19.01
Neither party shall be liable for any loss, damage, delay or failure to perform resulting directly from fire, flood, explosion, civil disturbances, war, strikes or work stoppages, inability to secure raw materials, or resulting from the laws, regulations, act or failure to act of any government authority, or resulting from any other causes beyond its reasonable control.

19.02
Failure of either party to perform under this Agreement, because of the endurance of an event of force majeure more than three (3) months, will give a right to terminate this Agreement by the other party on twenty-four (24) hours written notice.

第19条 不可抗力
19.01
本契約のいずれの当事者も、火災、洪水、爆発、暴動、戦争、ストライキ、その他の作業中断、原料の確保不能、または法律、規則、政府の作為不作為、または、その他当事者の合理的統制力の及ばない原因に直接的に起因する紛失、損傷、遅延または不履行に対して責任を負わない。

19.02
不可抗力のために、当事者の一方が3ヶ月以上にわたって本契約を履行できない場合は、その相手方は、書面による24時間の事前通告で本契約を何らの補償金を支払うことなく、解約することができる。

Article 20. Force Majeure
20.01
Neither party shall be liable for any delay or failure to perform any obligation under this Agreement resulting from fire, flood, explosion, civil disturbances, terror, war, strikes, sabotage, inability to secure raw materials or products, or resulting from the laws, regulations, act or failure to act of any governmental authority, or resulting from any other causes beyond the reasonable control of the respective party.

20.02 Failure of either party to perform any obligation under this Agreement, because of force majeure, for more than three (3) months, will represent grounds for its termination by the other party on one (1) day’s prior written notice.

第20条 不可抗力
20.01
本契約のいずれの当事者も、火災、洪水、爆発、暴動、テロ、戦争、ストライキ、サボタージュ、原料及び製品の確保不能、又は法律、規則、政府の作為・不作為、その他当事者の合理的な統制力の及ばない原因に起因する本契約に基づく義務の履行遅滞又は不履行に対しては、責任を負わない。

20.02
不可抗力のために、当事者の一方が3ヶ月以上にわたって本契約に基づく義務を履行できない場合は、その相手方は、書面による1日前の事前通知をもって本契約を解約することができる。

Article 18. Force Majeure
In the event that either party is affected directly in performing this Agreement or is prevented from carrying out any of its obligations under the provisions hereof due to any event of force majeure including earthquake, typhoon, flood disaster, fire, war, or inevitable accident of which occurrence and effect such party is unable to prevent or avoid, the party affected by such force majeure shall notify of the circumstances to the other party as soon as practicable and submit the details and document for valid evidence explaining the reason of such failure or delay in all or part of performance hereunder within fifteen (15) days after occurrence thereof. Such document for evidence shall be issued by the relevant authority in the area where such force majeure occurred. The parties hereto shall, through negotiation, determine whether to terminate this Agreement, to exempt a part of the obligations hereunder, or to delay the due date of the performance hereunder, according to the extent of effects on the performance of the obligations hereof.

第18条 不可抗力
地震、台風、水害、火災、戦争およびその他の予見不可能でかつその発生と結果を防止または回避できない不可抗力のために、本契約の履行に直接影響がでたり、約定どおりに履行できない場合には、当該不可抗力に遭遇した当事者の一方は、直ちに事故の状況を相手方に通知し、かつ15日以内に事故の詳細および契約の履行不能、契約の一部の履行不能または履行延期を必要とする理由が記載される有効な証明書を提出しなければならない。この証明書は、事故発生地域の公証機関が発行したものでなければならない。当該事故の本契約履行に対する影響の程度により、各当事者は本契約の解除、または契約履行責任の一部免除若しくは契約の履行延期について協議し決定する。

Article 19. Force Majeure
Neither party shall be liable to the other party for failure or delay in the performance of any of its obligations under this Agreement for the period and to the extent such failure or delay is caused by riots, civil commotions, wars, hostilities between nations, governmental laws, orders or regulations, embargoes, actions by the government or any agency thereof, acts of God, storms, fire, accidents, strikes, sabotage, explosions or other similar or different causes beyond the reasonable control of the respective parties.

第19条 不可抗力
いずれの当事者も相手方に対し、本契約における義務の不履行または遅延が、暴動、内戦、戦争、国家間の敵対行為、政府の法律、命令または規則、通商の禁止、政府またはその機関による強制処置、天災、嵐、火災、事故、ストライキ、サボタージュ、爆発、その他自己の合理的な支配を超える類似のまたは異なる事由によって生じたものである限りは、その事由が継続する期間、かかる不履行および遅延につき責任を負わないものとする。

Article 18. Force Majeure
Neither party shall be liable to the other party for a failure or delay in the performance of any of its obligations under this Agreement for the period and to the extent such failure or delay is caused by riots, civil commotions, wars (declared or undeclared), hostilities between nations, governmental laws, orders or regulations, embargoes, actions by the government or any agency thereof, acts of God, storms, fires, accidents, strikes, sabotage, explosions, or other similar or different contingencies beyond the reasonable control of the respective parties.

第18条 不可抗力
いずれの当事者も相手方に対し、本契約に基づく義務の不履行または遅延が、暴動、内戦、戦争(現実に布告が行われたか否かに拘わらず)、国家間の敵対行為、政府の法律、命令または規則、通商の禁止、政府またはその機関による強制処置、天災、嵐、火災、事故、ストライキ、サボタージュ、爆発、その他自己の合理的な支配を超える類似のまたは異なる事由によって生じたものである限りは、その事由が継続する期間、かかる不履行および遅延につき責任を負わないものとする。

Article 33. Force Majeure
Neither party shall be liable to the other party for failure or delay in the performance of any of its obligations under this Agreement for the time and to the extent such failure or delay is caused by riots, civil commotions, wars, hostilities between nations, governmental laws, orders or regulations, embargoes, actions by the government or any agency thereof, acts of God, storms, fires, accidents, strikes, sabotages, explosions, or other similar contingencies beyond the reasonable control of the respective parties.

第33条 不可抗力
いずれの当事者も相手方当事者に対し、本契約における自己の責務の不履行または遅延につき、かかる不履行または遅延が、暴動、内戦、戦争、国家間の敵対行為、政府の法律、命令または規則、通商の禁止、政府またはその機関による強制処置、天災、嵐、火災、事故、ストライキ、サボタージュ、爆発、その他類似の、それぞれの当事者の合理的な支配を超える事由によるものである限り、その期間中は責任を負わないものとする。

14.2 Force Majeure
Neither party shall be liable for failure to perform the whole of or any part of this Agreement and/or each Individual Sales Contract when such failure is due to fire, flood, strikes, labor troubles or other industrial disturbances, inevitable accidents, war (declared or undeclared) embargoes, blockades, legal restrictions, riots, insurrections or any other causes beyond the control of the party. If the failure mentioned above continues more than six (6) months, either party hereto may terminate this Agreement immediately by giving written notice to the other party without incurring any obligation or responsibility.

14.2 不可抗力
いずれの当事者も、本契約および/または各個別売買契約の全部または一部の不履行が、火災、洪水、ストライキ、労働争議もしくはその他の産業妨害、不可避的な事故、戦争(宣戦布告のあるなしを問わず)、出入港禁止、港湾封鎖、法規制、内乱、暴動、または両当事者の支配を超える原因によるものである場合は、かかる不履行に対して責任はないものとする。前記の不履行ないし遅滞が6ヶ月以上続く場合、いずれの当事者も他の当事者に対する書面による通知によって、いかなる義務、責任も負うことなく、直ちに本契約を終了することができる。

Article 19. Force Majeure
Neither party shall be liable to the other for failure or delay in the performance of any of its obligations under this Agreement for the time and to the extent such failure or delay is caused by riots, civil commotions, wars (declared or undeclared), hostilities between nations, governmental laws, orders or regulations, embargoes, actions by the government or any agency thereof, acts of God, storms, fires, accidents, strikes, sabotages, explosions, or other similar or different contingencies beyond the reasonable control of the respective parties. If, as a result of legislation or governmental action, any party or parties are precluded from receiving any benefit to which they are entitled hereunder, the parties hereto shall review the terms and conditions of this Agreement so as to use their best efforts to restore the party or parties to the same relative positions as previously obtained hereunder.

第19条 不可抗力
いずれの当事者も、暴動、内乱、戦争(宣戦布告の有無を問わない)、国家間の対立、政府の法律、命令、規則、出入港禁止命令、政府またはその関係者の活動、天災、荒天、火災、偶発事故、ストライキ、サボタージュ、爆発、その他影響を受ける当事者の制御できない類似または特異の事態により発生する、他方当事者の本契約に基づく当該当事者の義務の不履行または履行の遅滞につき、他方当事者に対し責任を負わない。法律または政府の行為の結果、当事者の一方または両方が本契約に基づく利益の享受を妨げられた場合、両当事者は、当該当事者が従前享受していたものと同様の適切な地位を取り戻すのに尽力できるよう、本契約の条件を再検討するものとする。

Article 40. Force Majeure
In the event that any party is directly affected in the performance of this Agreement or is prevented from carrying out any of its obligations as set forth in the provisions hereof by force majeure, including earthquake, typhoon, flood, fire, war or any unforeseeable event of which such party is unable to prevent or avoid, the party affected by such force majeure shall notify in writing of the circumstances within ( ) days after occurrence thereof and provide the details, the reason of such failure or delay in all or part of performance hereunder and a document for valid evidence thereof within ( ) days thereafter. Such document for evidence shall be issued by the relevant authority in place where such force majeure occurred. The parties hereto shall, through consultations, determine whether to terminate this Agreement, to exempt a part of the obligations, or to delay the performance hereof according to the extent of effects on the performance of the obligations hereof. Neither party shall be liable for delay or nonperformance of its obligations hereunder due to such force majeure as mentioned above, except monetary obligation and any other obligation which will have accrued prior to the occurrence of such force majeure.

第40条 不可抗力
合弁当事者のいずれかが地震、台風、水害、火災、戦争およびその他、予測不可能且つその発生と影響を防止あるいは回避できない事故などの不可抗力により契約の履行に直接の影響を与え、あるいは約定どおり本契約を履行できなくなった場合、当該合弁当事者は不可抗力発生後○日以内に、その状況を書面にて通知し、かつ○日以内に不可抗力の詳細な状況および契約の履行不能、一部履行不能または履行の延期を必要とする理由および有効な証明書を提出しなければならない。当該証明書は、不可抗力発生地の公的機関が発行するものとする。契約の履行に対する事故の影響の具合により、合弁当事者が相談して、契約を中途終了させ、本契約の履行責任の一部を免除し、または本契約の履行を延期するか否かにつき、協議の上で決定する。合弁当事者は不可抗力による本契約の履行の遅延または不能について責任を負わない。但し、金銭債務の不履行および不可抗力事故発生前の違約責任は不可抗力事故発生によって免除されない。

Article 15. Force Majeure
Neither party shall be liable to the other party for failure to perform, in whole or in part, its obligations under this Agreement if such failure is due to any matter beyond the control of the party including but not limited to an Act of God, governmental order or restriction, strike, riot, revolution, war (declared or not), fire or shortage of raw materials.

第15条 不可抗力
いずれの当事者も、本契約に基づく全部または一部の義務の不履行が、天災、政府の命令もしくは規則、ストライキ、暴動、革命、戦争(宣戦布告の有無を問わない)、火災または原料不足を含むがこれに限られない当事者の支配の及ばない事由によるものである場合には、かかる不履行につき他方当事者に対し責任を負わないものとする。


契約書・政治経済・アート・スポーツコラム一覧へ戻る


ご利用の際は、必ずご利用上の注意・免責事項をお読みください。